店舗の移転祝いに贈る花の探し方を教えます

新しい店舗が移転する時などは、その土地で新たに開業してまた繁盛するようにとの願いを込めたり、今までお世話になったというお礼の意味を込めたりなどして、その店舗に何らかの馴染みのある個人や企業からはお祝いの花を贈ることが多いです。贈られた花のプレゼントを新しい店での外観や内観に飾っているのを見ると、それだけでも華々しい気分になるのでインテリアとしても重宝します。このような時に贈る花にも好まれる種類がありますので初めて贈る場合や、あまり贈答品に詳しくない方は、一応確認しておいた方が間違いありません。特に移転に伴う贈答では、火に関連した物を贈ることはタブーとされる傾向があります。店舗や家財を火が奪ってしまわないようにということで、連想されることは避けて贈る傾向がありますので気をつけたいものです。

移転の祝いで贈る花は色彩に気をつける

移転のお祝いには火に関連した物を贈ることを避けるという意味で、花を贈りたい時には色彩に気をつけておきたいものです。赤色系は火を思わせるという意味で、そういった色のものは避けて贈る方が、無難なのです。一般的には、店舗でのお祝いとして喜ばれる花の種類としては、観葉植物や胡蝶蘭などの鉢植えが多いです。特に胡蝶蘭などは格式の高い花としての認識がありますので、開店したばかりの店舗の外や内には、贈った人の名前とともに、ずらりと並んでいる風景を見かけた方も多いはずです。気品のある花を配置すると、その店舗の内装全体も見栄えを良くしてくれますので、贈られた側にも大変喜ばれる贈答品となります。また近年では写真を撮ってお店のホームページにあげることも多いですので、そんな時にも綺麗な花は絵になります。

お店の人の立場に立って移転の祝いの花を選ぶ

あとは、選ぶ花は面倒を見やすいタイプの方が良いです。お店は忙しいですので、あまりこまめに水をやらなければならない場合や、すぐにしなってきて枯れてしまうような物は、贈答には向いていません。花びらや葉が抜け落ちたり変色していくスピードがあまりに早い種類だと、開店で飾ったらすぐに見栄えが悪くなってしまい、最終的には撤去する面倒をお店側にかけてしまうことになります。温度に左右されることなく耐久力があり、見た目が良いのが長持ちをするとか、水分補給にそこまで気を使わなくても大丈夫な種類の物をお花屋さんとも相談しながら選びたいものです。店舗の移転祝いを贈る時のポイントをしっかりと抑えておけば、あとはセンスのある飾り付けや、他とは違った組み合わせなどにアレンジしても、贈られた側には嬉しい物です。

パチンコチェーンには新店舗オープンの生花とスタンド花を、およそ200本納品してきた実績があります。 海外からでも日本国内のお届けであれば、ご注文は可能です。 社員の福利厚生、チェーン店の開店祝い、大規模施設などのスタンド花など、様々な用途でのご注文に対応しています。 一例ですが電器部品卸メーカーには従業員の方の誕生日に花束を納品、契約期間内におよそ50ヶ。 移転祝いに花を送るならFlowers Do!をご利用ください。