店舗の移転祝いに贈る花の相場を教えます

移転祝いを贈る際、品物に限らず相場があります。そして関係性によってその相場は変わってきます。取引先であれば30,000~50,000、お付き合い程度であれば10,000~20,000が理想です。花を贈る際には定番の胡蝶蘭が見栄えも良く、手間がかからず、長持ちするので喜ばれます。しかし、胡蝶蘭は本数や花の数が多ければ多いほど高額で、詳しい人が見ればおおよその値段が分かるので注意が必要です。友人や知人であれば5,000~10,000程度で花の他にも観葉植物なども喜ばれます。身内や親せきでは10,000~30,000程度でその季節に合った花や、あらかじめ好みを聞き、それに合わせて贈ると良いでしょう。注意したいのは相手との関係性にもよりますが、あまり相場より豪華な物を贈るとかえって気を使わせてしまう事になるので、お付き合いの範囲内で相場に合わせて贈りましょう。

移転祝いに花を送るときのマナー

移転祝いに花を贈る際には移転日到着前日に送るのがベストです。遅くとも移転から2週間以内には届くようにします。その際には焦らず、なるべく縁起の良い日を選ぶ事で相手先への配慮が感じられるようにします。花を贈る際には胡蝶蘭、観葉植物、スタンド花がメジャーで、特に胡蝶蘭、観葉植物等の鉢植えは根付くとされ、縁起の良いものとされています。他にも花束やアレンジメントフラワーも色合いや花の種類を自由に選ぶ事ができるので、贈り先との関係や移転先に合わせて贈ります。胡蝶蘭等を送る際、特にビジネスシーンでは木札を付けるのが一般的です。現在ではのしの代わりに立札を使うのが大半で、お祝いの文と贈り主名を記載します。またラッピングは赤以外を選びます。赤は火事や赤字を連想させる為、避けるのがベターです。

移転祝いになぜ胡蝶蘭が選ばれるのか

移転祝いに花を贈るとなると胡蝶蘭がメジャーです。胡蝶蘭の花言葉は幸せが飛んでくるとなっていて縁起が良く、見た目も華やかです。室内の日の当たらないところでも育ち、月3回程度の水やり以外に世話をする必要が無く、2~3カ月楽しめるのが特徴です。また、香りがきつくなく、花粉がほとんどとばないので飲食店等にも置くことができます。季節感もなく、一年中栽培されていていつでも、どんなシーンにも対応しています。胡蝶蘭だと置くスペースに困ってしまうという事もあると思いますが、今はサイズも様々あり小ぶりなものも揃っています。色は白が定番ですがピンク、紫、黄色、白地に赤の入ったリップ系、珍しいものだと青もあります。贈り先の雰囲気や好みに合わせて贈る事で喜ばれますが、幸せが飛んでくるという花言葉は白のみなので注意が必要です。