移転祝いで贈る人気の花を紹介します

日本では付き合いのあった取引先が移転することになったら、その取引先のますますの繁栄を祈願してお花を贈ってお祝いするという慣習がありますが、取引先に移転祝いとしてお花を贈るなら、事前に送る際に注意しておかなければならない点などポイントを把握しておくことも大事です。例えば、友人への引っ越し祝いなどプライベートでお花を贈る場合は1万円前後が一般的といわれていますが、取引先に移転祝いとしてお花を贈るなら1万円から3万円、新社屋の落成のお祝いとしてお花を贈るなら3万円から10万円が目安とされています。しかし、移転祝いとして贈るお花の価格というのは取引先との関係の深さによっても大きく変わってくるため、お花を選ぶ際にはそうした面も考慮した上で選ぶことも必要になってきます。

お店の移転祝いで人気のお花とは?

移転祝いにお花を贈るなら、贈るお花選びも重要です。一般的に会社や事業所の移転というのは、その企業にとってひとつの節目でもあるため、移転後もますますの発展を願い、移転祝いとして贈るお花にも、お祝いにふさわしい格の高いお花を選ぶことも大事なポイントとなります。中でも豪華で、移転祝いにも相応しい縁起物のお花として知られる胡蝶蘭は、特に人気のお花で、『幸運が舞い降りる』が花言葉の胡蝶蘭は見た目の豪華さや美しさはもちろんのこと、花持ちも良いことから、今では移転祝い定番のお花となっています。また、近頃はインテリアとしても人気の観葉植物も移転のお祝いに贈る人が増えています。観葉植物にはリラックス効果や業務効率向上効果などがあり、オフィスの移転祝いにお花を贈るなら観葉植物もおすすめです。

移転祝いでお花を贈る際に注意しておきたいこと

一般的に移転祝いのお花を贈るタイミングは、お店が移転先で業務を開始してから2週間以内とされていますが、事前確認なしにお花を贈ってしまうと、まだ移転先が工事中であったり、引越しが終わっていない場合もあるので、移転祝いにお花を贈る際には、お花を注文する前に必ず送り先であるお店の移転先での業務開始日について確認してから手配することが大切です。また、胡蝶蘭など豪華なお花やインテリアとしても好まれている観葉植物が移転祝いに贈るお花として一般的ですが、移転祝いに贈るお花選びにも注意が必要です。特に、古くから赤いお花というのは火事を連想させるということから引っ越しや移転のお祝いの贈り物にはタブーとされており、移転祝いにお花を贈る際には赤っぽいお花は避けた方が無難といえます。