移転祝いに贈るのに適した花の種類とは

移転のお祝い品として相手へ花を贈るとき、定番なのは胡蝶蘭です。失礼もなく定番でお祝いの品と伝わりやすいお花です。予算は、10,000円から30,000円、それ以上のものもあります。胡蝶蘭は愛と美の象徴で、花言葉は「幸福が飛んでくる」です。素敵な花言葉ですね。あと、お店の業態によっては選び方を変えると良いでしょう。飲食店やクリニックなどにおいては、香りが強い花や花粉には気をつけます。鉢植えはわりとかさばるので、あらかじめ余分なスペースがあるか確認することをおススメします。後はアレンジメントならそのお店の雰囲気や好きな感じに合わせて個性のある贈り物が出来ます。お祝いの気もちも伝わるし、スペースがあまりなくても置くことが出来るので相手が受け取りやすいプレゼントです。

夜のお店で喜ばれる移転祝いのお花

夜のお店の移転祝いにお花を贈るとき、入り口やロビーが華やかになり、移転オープンとはっきり分かる札を添えると通りすがりの人の目を引くことが出来、喜ばれます。全国のお花屋さんにはそれぞれの得意分やジャンルがあるので、夜色の強いお店をえらぶのがポイントです。例えばスタンドのお花に、オープンする方のラッキーカラーや好きな色・花をリサーチしてさらにバルーンを入れてもらって目立つように仕上げることもできます。予算も2万円から10万円以上のものまでありますが、バルーンを組み合わせることでボリュームはかなり出る分、お花だけで組み合わせるよりお安くてゴージャスに仕上がるかと思います。高級店などの場合は、品格のある胡蝶蘭が無難で喜ばれるかもしれません。華やかな世界のため、お花はピッタリの贈り物です。

海外のお店をオープンする方に移転祝いのお花の贈り方

直接お祝いしたい気持ちはあっても、移動に時間とお金がかかる海外への移転祝いに、喜ばれるお花を贈る方法を紹介します。海外のお花屋さんとネットワークのある日本のお花屋さんがあります。気になる総量ですが、2,000円前後で送ってもらえます。気になるのがお花の種類です。日本で定番のお祝いのお花といえば胡蝶蘭ですが、海外ではどうでしょう。日本の花言葉は幸運がとんでくると言う意味を持ちます。海外ではラヴ・ビューティー・ラグジュアリー・といった意味をもち日本と同様パーティーやお祝いに良く使われます。海外では白よりカラフルな色が好まれます。黄色やピンクなど今ではカラフルな色身を出せるようになって、胡蝶蘭の使われるシーンの幅が広がっています。高い値段で胡蝶蘭を売っている国はアメリカやヨーロッパ、日本・中国です。国によって価値は違うのでその際は調べることをおススメします。