技あり☆アパート管理会社6選

Home > アパート管理会社について > アパート管理会社に全てを委託するというのが主流となっています

アパート管理会社に全てを委託するというのが主流となっています

 アパート経営は土地活用の一つの手段です。
土地活用とは一体何でしょうか。
団塊の世代を例にとって説明してみましょう。
団塊の世代はその全員がすでに七十歳以上の高齢者となっています。
この世代は当たり前ですが、その上の世代が天国に召されています。
ですから遺産相続などで土地や建物の不動産を相続している人たちが圧倒的に多いのです。
それらの土地や建物は有効活用しないとただの厄介者となります。
その最たる例が日本の空き家問題です。
相続すべき人が遺産相続をしないで放置している空き家が大変多いということです。
これらの空き家の中には倒壊寸前のような危険な空き家も存在しますので、万が一それが倒壊して第三者にケガを負わせるようなことになれば、相続すべき人たちは法律的に罰せられるということになります。
そういう意味でも遺産相続は早急にやっておくべきです。

 土地活用の一つとしてアパート経営に乗り出す団塊の世代が増えてきています。
その背景には日本の銀行のゼロ金利政策があります。
団塊の世代は5年前に65歳で退職した時に一人あたり数千万円という莫大な退職金を手にしています。
それらの退職金はすべて銀行の金庫に眠っています。
大金を銀行の金庫に眠らせているだけでは、10年経ってもあるいは20年経っても1千万円は1千万円のままです。
つまり元金が全く増えないということになります。
折しも副総裁がとんでもない発言をしました。
65歳以上の高齢者は現時点で2千万円以上の貯金を持っていないと豊かな生活ができないと発言したからです。
これにはさすがの高齢者たちもびっくり仰天しました。
Twitter や Facebook などの SNS サイトで大炎上した議題です。
それにしても今なぜ2000万円が必要なのでしょうか。

 こうした背景で土地活用の一つとしてのアパート経営に乗り出す団塊の世代が増えてきているということです。
団塊の世代には大きな特徴があります。
それは自分でアパート経営をするのではなくてアパート経営全体をアパート管理会社に委託する方法を好むということです。
なぜ自分でアパート経営をしないでアパート管理会社にその全てを任せるのでしょうか。
それには秘密が隠されていました。
それは団塊世代の人たちの残り少ない人生と無関係ではありません。
神様から与えられた残り僅かな人生をできるだけエンジョイしたいと考えているのです。
そのためにはアパートの毎月の集金などで頭を悩ませてはなりません。
最初からアパート管理会社に全てを委託するのが最良の方策なのです。
こうしたわけで今どきの高齢者たちのアパート経営は、アパート管理会社に全てを委託することが主流となってきています。

次の記事へ

ページトップへ