技あり☆アパート管理会社6選

Home > アパート管理会社について > アパート経営のすべてをアパート管理会社に委託するメリットは大きいです

アパート経営のすべてをアパート管理会社に委託するメリットは大きいです

 近年日本では高齢者等を中心にして土地活用というものが見直されてきています。
これには大きな理由が隠されていました。
日本の金利政策はアメリカの金利政策追従型です。
アメリカが政策金利を下げてくれば同じように日本でも政策金利を下げてきます。
よく見てみると西側の諸国では政策金利が連動しているようです。
中でも緊密な関係があるのはアメリカと日本です。
当時日本は世界第2の経済大国でした。
世界第1の経済大国は地球の裏側のアメリカであることには間違いありません。
この世界第1位と世界第2位の経済大国が手を取り合って共同戦線を張り政策金利を下げてくるのですから、たまったものではありません。
日本の銀行も自分たちの銀行金利を下げるしかなかったのです。
郵便局も全く同じです。
幸いなことに郵便局の金利は契約した時点の定期預金の金利が末永く維持できるようなシステムになっていました。

 現在日本が抱えている膨大な資産は総額1900兆円と言われています。
そのうちの70%に相当するおよそ1400兆円が高齢者等の資産です。
若い世代の所有する資産はわずか600兆円くらいのものです。
日本の大半の資産は65歳以上の高齢者によって所有されています。
高齢者の世代は当たり前ですが遺産相続で土地建物を含む不動産を所有している人たちが多いです。
この人たちが一番困っているのが固定資産税の支払いです。
中には固定資産税を支払いたくないために遺産相続すべき土地や建物の登記をしない人たちも存在するくらいのものです。
ですがその場合には、自動的に相続が適任者に確定される仕組みとなっているので、固定資産税から逃げ出す道はありません。
とすればこれらの高齢者がとれる対策は一つです。
更地を土地活用して節税対策をする以外に道はありません。

 こんなわけで今時の高齢者たちが注目しているのが土地活用の一つの形としてのアパート経営です。
どういうわけかこれらの高齢者たちは働くのはあまり好きではありません。
というわけでアパート経営をするにしても、その経営を全てアパート管理会社に委託するのが普通となっています。
まず更地に居住用のアパートを建てると不動産にかかる固定資産税が1/6にまで減額されます。
これはとても大きいことです。
さらに都市計画税は半額になります。
これは全く見逃せない好条件ではないでしょうか。
アパート経営を高齢者たちが始めるとして、 その全ての経営をアパート管理会社に委託することのメリットは計り知れません。
毎月の家賃の集金もアパート管理会社で代行してくれるので、それだけで大助かりです。
オーナーである高齢者たちのお仕事は自分の銀行口座の残高をチェックすることだけです。

次の記事へ

ページトップへ