技あり☆アパート管理会社6選

Home > アパート管理会社について > 最初からアパート管理会社に全てのアパート経営を任せるのが良い方法です

最初からアパート管理会社に全てのアパート経営を任せるのが良い方法です

 戦後の日本の経済の発展を支え続けてきたのがあの団塊の世代とその上の世代です。
団塊の世代はすでに今年でその全員が70歳以上となっています。
その上の世代は天国に召されてしまっている人たちが大変多いです。
戦後の日本経済の発展を支え続けてこられたのにはある秘密が隠されていました。
それは日本が得意とする終身雇用制です。
一旦会社に就職すると退職するまで一つの会社を勤め上げるというのがその大きな特徴です。
終身雇用制では毎年安定して新入社員を入社させますので、年代によって人材が欠けてしまうということがありません。
実はこれが日本の戦後の経済を支えてきたのです。
団塊の世代も5年前に全員が65歳以上となって会社を退職しています。
その時に莫大な退職金をもらっています。
その莫大な退職金は全て銀行の金庫に眠ったままです。

 銀行にどんなに大金を眠らせていても、元金が全く増えてきません。
この状態は昔を知っている高齢者たちにとってはとてもつらいことです。
半世紀前には日本の政策金利が7%近くまで上昇してきた時があります。
その当時は例えば1000万円を銀行に定期預金しておけば10年後には2倍の2000万円に膨れ上がると言う素晴らしさでした。
そんな昔を知っているので、今のゼロ金利政策は許せないのでしょう。
しびれを切らしているのは高齢者たちだけではありません。
若い人たちでもなんとかしなければならないと心の底では考えています。
若い人たちには残念ながら資金力がありません。
ところが高齢者たちには事業を展開するだけの資金力が十分にあります。
土地活用の一つの種類ですがアパート経営などに乗り出す高齢者たちが増えてきています。
アパート管理会社などに最初から一括してアパートの管理を任せるのが特徴となっています。
それで楽ができるからです。

 高齢者がアパート経営をする場合にアパート管理会社にアパート経営のすべてを任せることのメリットはとても大きいです。
アパート経営をするということは結構大変なお仕事でもあります。
毎日掃除をしなければなりませんしアパートのセキュリティについても気を配っておかなければなりません。
一番大変なのが毎月月末に行う家賃の集金ではないでしょうか。
家賃の集金とは意外と心にストレスがかかる大変なお仕事なのです。
そんな大変な仕事の全てがアパート管理会社によってなされるとすればそれは何と素晴らしいことではないでしょうか。
このような便利さが高齢者たちの心をとらえてしまったようです。
今では高齢者がアパート経営をする場合、アパート管理会社に最初から全てを委託するというのが、きわめて一般的な方法となってきています。

ページトップへ